サイディングについての知識

サイディングの知識

最近はサイディングを選ぶ家がとても多くなってきていると思います。
でも家を建てるときに初めてサイディングという言葉を聞き

全く知識もないままに、デザインと価格だけで決めてる方が多いと思います

そんな人に知識をつけて頂いて、より良いマイホームにする
お手伝いができたらいいなと思います。

サイディングとは

サイディングとは、雨や風、日光から家を守るとともに
見た目をお洒落にしてくれる、いわば家に取っての服!

なかなか着せ替えは難しいですが、、

サイディングって家を守るために重要なんだよ
ということを知っていただけたらと思います。

サイディングの種類

サイディングの種類大きく分けて4つあります

  • 窯業系
  • 金属系
  • 木質系
  • 樹脂系

それぞれメリット・デメリットがありますが
圧倒的に窯業系を選ぶ人がおおいようです。

私がぱっと思い浮かぶいいところと、わるいところ

窯業系サイディング

いいところは、デザイン、カラーが豊富、耐火性に優れていて
コストパフォーマンスが良いところ

悪いところは、施工しかた、施工する場所によっては脆い
耐水性になんがあり、きちんとした対策施工が必要

金属系サイディング

いいところは軽いので家への負担が少ない、断熱材が入っている
メンテナンスにお金がかからないような施工ができる

悪いところは、デザインがあまりない
薄い金属でできているため凹みキズがつきやすく補修がむずかしい
日光により表面がとても熱くなる

木質系サイディング

いいところは、やはりその見た目、他には真似のできない自然な感じが人気
そして、木の板は断熱性にも優れている

悪いところは、メンテナンスがとても大変、定期的な塗装が必要
水分に弱く、腐食などから、耐久年数に難あり
火にも弱い

樹脂系サイディング

いいところは、塩害、凍害につよい、劣化が少なくメンテナンスがらく
そしてかるく、家への負担はすくない

悪いところは、安っぽさ、種類の少なさ、施工の難しさ
軽いということが、強風などに対して不安要素にもなる

主なサイディングメーカー

  • ニチハ
  • ケイミュー
  • 東レ
  • 旭トステム
  • 神島科学工業
  • アイジー工業

私の施工の経験で多いのは
窯業系であればニチハとケイミュー
金属系ではケイミューとアイジー

私のオススメも、ニチハとケイミューがおすすめです。

私の経験上、その他のメーカーは問題、クレームが多い感じがします。
補修、張替えなどに行くと、東レと旭トステムは板の問題によるもの
ケイミューとニチハは施工によるものが多いと思います。

確証が有るわけではないですが、ニチハ、ケイミューが安全だと思います。

詳しいメーカーごとのメリット・デメリットはまた今度やりたいと思います。

おすすめは窯業系

ケイミュー
ニチハ

やはりサイディングといえば窯業系

デザイン、耐久性、コストパフォーマンス、どれをとっても窯業系がおすすめ

おすすめメーカーはもちろんニチハとケイミューで

どちらも30年保証の商品があり、汚れも落ちやすいコーティング
21mmの陰影が深く、高級感のあるもの、さほど差はありませんが

ニチハであれば、インクジェットを使った多彩なデザインが選べて

ケイミューであれば、中空構造で軽くなるように作られていて、いた自体の精度でいうとケイミューのほうが上だと思います。

個人的な感想です。

釘打ち、金具

サイディングの施工方法として直接釘でとめるのか、金具でとめるのか
二種類の方法があります。

少し高くなるようですが、圧倒的に金具をおすすめします。
使用する釘が少なく家全体がきれいになります。

通気、空気の流れを塞ぐことが少ないので湿気がこもりにくい

逆に釘で止める場合のデメリット

通気工法で、木の下地を使うのですが木の下地と防水紙の間に湿気がたまりってカビの発生が起きたりする
木下地じたいが、通気を塞いでしまう場所がある

釘で止めてあるところをタッチアップと言って塗料を塗るのですが
塗料の部分だけ劣化が早く釘が浮いて見えて、汚くなる

板の端部に釘を打った場合、時間が立つとヒビや割れが出てくる

釘で施工する場合、早く安くできるため、施工側にはメリットがあり
格安ハウスメーカーなどはこの施工が多いと思いますが

建てる側から見ると、なんのメリットもない施工法だと私は思います。

※タイルを貼るときの下地など、重量がかかる場合は釘でないとだめな場合もあります。

シーリングレス

外壁で一番劣化が早く、メンテナンスにお金がかかるのがシーリング

シーリングとは板と板の間を埋めているゴムのようなものです。

これをできるだけ少なくすることがメンテナンスにかかる費用を節約し
家を長持ちさせることができます。

今は高耐久というシーリングも出てきていて、だいぶ長持ちするようになりましたが、シーリングをする場所は減らすにこしたことはないとおもいます

何よりシーリングレスの施工はとてもきれいですよ!

安物を使わない

サイディングを選ぶときに、安いものを選ばないことをおすすめします。

結局、最終的なコストで言えば変わらないか、高くつくと思います。

安いものは、汚れやすく、劣化がはやい

いいものだとメンテナンスのてまもなく、きれいな状態が続きます。

私の家はケイミューのコーティングされているもの、同じ時期に建てた某格安メーカの家は多分安いサイディング、たった3ヶ月で差が出てきました
格安の方は、換気扇の下が黒く汚れていましたが、私の家は綺麗なままでした。

私の家は3年たった今も全然きれいです。今でも、軽く水で流せば大体の汚れはながれます。

まとめ

サイディングは窯業系が人気でおすすめ!

メーカーはニチハ、ケイミューの二択

施工は金具、シーリングレスがおすすめ!

安物を選ぶと、コストがかかり、そんをする場合がある

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA