サイディング屋が知っている
家を守るための防水の知識!

とにかく建てたらすぐ防水!

結構見る光景ではありますが、、
木の部分がむき出しのまま、放置され雨ざらし

低コスト住宅などでおおいですね、つい最近やった隣の現場がそうでした

大工さん
大工さん

雨ざらしで放置とか、ありえないよな
うちでこんな事やったら大クレームだよ

とかおっしゃってました。
確かに今まで入ったハウスメーカはどこも、床だけはぬらすなーとか
防水は結構徹底していましたね、外壁に関してはまちまちでしたが

なぜ濡れるとだめなのか

もちろん木でできているので水分を吸うと、歪む、曲がる、膨らむと
最悪の状況です。

わかりますか?このうねった壁

床を貼るとこもそうでしょうが、サイディングを貼るときもとても大変で
きれいに貼ることなんてできません、ただお客さんは見ることもまずないので
その歪んだ家に知らずに住むことになるのです。

どうすべきなのか

一番ベストなのは、建ったらすぐに屋根も壁も防水紙をはることが出来るように
工程の調節をしておくことが重要です。

私の家は、建ったその日のうちに、すぐに屋根の防水をやりに来てくれました。
その日は天気が悪く、屋根の防水が終わるとともに、雨が降ってきて
間に合った!とギリギリセーフで屋根の防水を終わらしてくれました。

住友林業では最初からそのように工程をくんでいるのかもしれませんね

外壁の部分は、防水紙の施工までブルーシートがかけられ、濡れないように
しっかり仮の防水がされていました。

なので、濡れずにすみました

私のよく入るMISAWAホームでも、屋根も壁も、防水がされるまで
ブルーシートで仮に防水されています。

私が防水紙を施工するときには、このブルーシートがめちゃくちゃ邪魔で
むだなてまがふえてしまうんですけどねw

だからできれば、建てたら即が理想です。

屋根の防水

私もそんなに詳しくはないので、軽くご紹介

屋根はルーフィングと言われるもので防水をします。

アスファルトを染み込ませたもので、このアスファルトが雨水の侵入を防いでくれます。

そのアスファルトの成分が熱くなると溶けて、ルーフィングどうしがくっついたり、釘の穴などを塞いだりして、防水性を高めると聞きました。

安物を使うと、劣化が早く雨漏りの原因にもなってしまいますので
最も重要な屋根の部分の防水はケチらないことをおすすめします。

聞いた話で、文章を書くことお許しください

外壁の防水

こちらは本職なので少し詳しいですし、経験上のアドバイスができます。

どこかしら水は入ってくる

まず知っていただきたいのは、どこかしら水は入ってくるということ
最近は減ってきているとは思いますが

サイディングでは、板の継ぎ目から毛細管現象で水が回ると言われていますし
窓などもアルミサッシなど組み上げられた窓は、そのつなぎ目から水が回ったり

強い風とともに、換気口や土台の水切り部分から雨が入ってきたり

防水紙の貼り方も、水が入ってきても家の中にはいって行かないよう
様々な決まりがあります。

そんなきまりがあるくらいなので水はどこかしら入ってくるもので、外壁の防水はとても重要!

音鳴り

通気工法の家は、壁の中を空気が流れるようにできているので
防水紙がひらひらしてると、風が入ってきたときに振動して音がなることがあります。
そうするとなってくると、壁を剥がして、防水紙なおしてと大事になるので
最初の段階で、シワなく、しっかり止められているかチェックしてください!

私は聞いたことはないですが、結構うるさいらしいです。
クレームで張替えが起きるからきをつけてね、とよく言われます。

サイディングの出来にも影響

気にしない人は気にしないのでしょうが、私がとても気になるところ
他の職人さんが防水紙を貼った現場に行くことも多々あるのですが
防水紙を適当に貼る人が結構います。

防水紙がどうしてサイディングの出来に影響するのか

それは、サイディングを貼るときに、レベルなんて言ったりしますが
水平に同じ高さに貼れるように墨を出します。

それが、防水紙がしわくちゃだったり、ふわふわしてると、狂って姉妹
サイディングをきれいに貼るための基準がわからなくなってしまうのです。

最近増えてきている、シーリングレスの施工などは
水平に貼ることがじゅうようになってくるので、特に影響を受けます。

きれいに貼ることが重要

防水のためにも、音鳴り防止のためにも、サイディングをきれいに貼るためにも
防水紙は、ルールを守って、しっかりきれいに貼ることが重要です!

隠れる部分だからって結構適当に貼っている職人さん見かけます。

しわくちゃに貼られたりしていたら、文句行ってもいいと思います。
「そこ!重要なとこ!」ってw

私もこんな事を書いて、お前汚いじゃないかと言われないように
もっと早くきれいに貼れるように頑張らなくてはw

バルコニーの防水

私はバルコニーはないほうがいいと思っている派です。

バルコニーは専門ではないので、あまり話も聞かないのですが
問題が起きそうな場所がめちゃくちゃあるような気がします。

あくまで個人的な考えで申し訳ないですが

防水の方法として、コンクリートで防水はヒビなどが入り普通に漏水

FRP系は、地震大国日本で大きな地震が来たら割れちゃわない?

ゴムシートなどは、不注意で穴とか、傷つけてしまったら?

とか考えてしまいます。

防水の話から少しそれますが、バルコニは汚れがたまる、湿気がたまる
サイディングにとって劣悪な環境で、よく問題がおきて張り替えに行きます。

などなど、バルコニーはめっちゃ使う、ないと生きていけないというわけでなければあえて作らないという選択肢もいいと思います!

どうしても必要な場合でも後付という方法もありますよ!

とか全然ただバルコニーをディスってるだけになってしまいましたので
後日バルコニーの防水については調べて書き直します。

まとめ

家を長持ちさせるには、防水はめちゃくちゃ重要なので
流れでやってもらうのではなくしっかり打ち合わせをすることをおすすめします。

漏水は知らない間に家を劣化させて、気づいたときには大惨事なんてこともありますのでご注意ください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA