サイクロン集塵機をdiy!〜ダイソンを集塵機化〜 その13

DC48!!!

一気に型番もアップ!
いつ頃でたものかはわからないですが、、だいぶ新し目のタンクになってきました

型番がアップすればするほど、性能もアップするのかワクワクですが、、

まぁ使用目的がぶっとんでるので、粉塵ともなると、話はべつかな?
想定されている用途ではないでしょうからw

煙まで分離とかやってたのでできるような気がしないでもないのですが、、

どーーーんと!指しただけ!w

写真をそんなにとってなかったのであまりないのですが

丸鋸のホースを繋ぐ部分は中でL字にまがっていて
缶の側面を回ってくれたら嬉しいなぁーってかんじでついてます。

このタンクは吸込口が下についているので、そのまま挿せば
一番シンプルなサイクロンの形がそのままできると思いさしてみました

シンプルなって言ってもわからないですよね
画像探してみたけど見つけられず
そのうち図解できたらなとか思います

結果

まぁかわりばえしないですね、、

やはり大量の粉塵を完璧に分離はむりなのだろうか、、とか
あきらめむーど、、これを最後に、しばーらーーーく考えるのも
作るのもやめてしまいました、、

まぁそこそこ使えるし、これでいいかとかとか
缶の容量はだいぶ多いので、サイディング2〜3日とか入りますし
集塵機の方の粉を捨てるのは、1現場は持ちます

人それぞれの作業量にもよるのでしょうけども

ちなみに木くずであればかなりしっかり分離してくれますよ!

問題は、ボード、サイディング、タイルの切ったときに出る粉塵、、、

総まとめ、メリットとデメリット

ここまでいろいろと試してきてのそうまとめ、、

まぁないよりはあったほうが楽?というレベル

メリットは掃除が少し楽、、こなすても楽
集塵機のフィルターの掃除よりは、ダイソンのサイクロン部分の掃除のほうが
楽だとは思います。

容量が多いので、粉を捨てる頻度はへるかとおもいます。

吸引力の低下も抑えられるかな?

デメリット、っていうほどのものはないと思うけど
しいていうなら、邪魔くさい?
荷物が増える?そのぐらいですか?

あとはまぁ毎現場、なにそれ?ってきかれるくらいですかね?w
八割聞かれますw

まぁそのおかげで、存在を覚えてくれている人も多いですが、、

終了!

とりあえず、ダイソン集塵機化!はここで一旦終了
次は原点に帰ってシンプルなものを作ってみようと
何個か作ったやつをご紹介できればと思います。

とかいいつつ、次のタンクをヤフオクで買ったばかりなのですが、、
それはまた今度、、次はめっちゃうまくいくといいなぁ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA